« 思い出した?シンちゃん | トップページ | 猫に小判 »

2007年12月 3日 (月)

バリ島のようす(島内観光)

テポ:シンちゃん、今日はバリ島のお話していい?

シン:勝手にすれば~。(クレヨンしんちゃん風に)

Pb292472

ということで、シン太のお許しも出ましたし、せっかくバリ島に行ってきたので、今日はその時のお話でも。

成田を15:50に発ち、もちろんエコノミーだけど、2階の真ん中位に座れてラッキーでした。(JALです)

Pb252336

現地時間で夜中の12時くらいにホテルに着きました。日本はその頃夜中の1時。ちょうど1時間日本の方が早いです。

翌日、昼12:30~島内観光に出かけました。まずはお約束のお土産店に連れて行かれました。その後「ライステラス」へ。

客は私達2人だけでした。

向こうの交通事情は人より車が優先らしく、運転手さんはとばす、とばす。

人は道を渡る為に急に飛び出す、飛び出す。Pb262344

特に私達の乗った運転手さんは一般道を90kmで走り、反対車線にはみ出しながらどんどん前の車を抜いて行く、すごい運転技術を持った人でした。

テポは、ちょっと恐かったけどジェットコースターみたいで楽しかったです(^^)

ヒデさんは生きた心地がしないと、少しびびってました。

ライステラスまでは、ホテルから片道2時間もかかりました。あんなに飛ばしても2時間もかかるんです。(ホテルはインターコンチです)

Pb262349_2 

日本でいう、 段々畑ですな。

Pb262348

写真には撮れませんでしたが、ここに着くまでの間に通った村は『世界ウルルン滞在記』に出てくるような秘境な感じの村でした。

テポはすごーくカルチャーショックを受けました。

人々は頭にターバンのような物を巻き、その上に物を置いて運んでいました。500mlのペットボトル1本でさえ頭に乗せて運ぶんです。テポは1本なら手に持った方が楽じゃないかと思ったのですが、ここの人はそうすることが当たり前なんですよね。

小さな細い川で沐浴をする少女や、道端の小屋のような所で昼寝をしている人。痩せたのら犬やにわ鳥の親子の散歩。農作業はクワで刈っていました。

通りすがる人は皆、バンに乗っているこちらをジロっと見るんですけど、テポにはにらんでいるように見えました。

こんなふうに思うのは失礼だと思うのですが、正直、あまりの貧しさに、悲しくなってしまいました。

次に向かったのは「バトゥカル寺院」。

たしか、島の西側を守っている神様だったかな?Pb262362

ここはあまり有名ではないのか、他には白人の観光者が1組だけでした。

Pb262355

Pb262360

その後もお寺。「タナロット寺院」です。ここは海の神様。

こっちはガイドブックにも載っていて有名。たくさんの人でにぎわっていました。色んな国の人がいたなあ。

ちょうど寺院の後ろに夕陽が落ちるとかで、夕方6時頃が見ごろらしいです。

Pb262365

周りの海はインド洋。

その後は「ホテル・ル・メリディアン」のレストランでフランス料理を頂きました。

せっかくの料理なのに、写真を撮るのを忘れてしまいました(ーー;)

機内食以来、朝から何も食べていなかったので、お腹ペコペコだったのです。

そんな感じで2日目は終わっていきました。

Pb292466

シン:にゃるほどね。 ぼくらをおいて、そんな所に行ってたんだ。

人気blogランキングへ

|

« 思い出した?シンちゃん | トップページ | 猫に小判 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42274/9208962

この記事へのトラックバック一覧です: バリ島のようす(島内観光):

« 思い出した?シンちゃん | トップページ | 猫に小判 »